停電時でも使用出来る安心の太陽光発電

地震などの災害が起こった後、停電になると生活に大きな支障をきたします。
一時的な停電ですぐに復旧するなら問題ありませんが、1日ないしは2日間停電が続いただけでも大変困ります。
太陽光発電は停電時でも使用することができ、災害時でも日常生活を支えてくれる安心の機器です。
夜間は発電できませんが、昼間の時間帯だけでも電気が使えるのと使えないのとでは天と地ほどの差があります。
災害時にも使えるというのは太陽光発電にしかない大きなメリットです。
地震発生後はガスの供給がストップしますし、電気よりもガスの方が安全確認に時間がかかるため復旧が遅れます。
太陽光発電と同時にオール電化も導入しておけば、ガスが使えなくて生活が困る心配がありません。
ガスが復旧しないことにはお風呂に入れませんし、ガスコンロだと料理もできません。
オール電化にしておけば電気が復旧した後はお風呂にも入れますし料理もできます。
太陽光発電によって発電した電気をオール電化で使用することができるため、2つの機器の相性は抜群です。
太陽光発電をオール電化と設置しておけば、災害時で電気・ガスの供給がストップしても電化製品や給湯器気を使用することができるのでとても助かります。
地震発生時に心配される火災の原因の多くはガスによるものですが、ガスと比べると太陽光発電は火災になる危険性が少ないですし、災害時の安全面でも安心できるのが太陽光発電を導入する大きなメリットのひとつです。