太陽光発電設置のススメ

太陽光発電は地球にやさしい自然エネルギーとして、期待されている発電方法の一つです。
国や地方自治体で各世帯の設置に対して補助金を出すなど、その設置が推進されています。
東日本大震災以降の電力問題は国民一人一人の生活をかけたレベルの問題になりつつあり、安全面を第一に考えれば脱原発が一番なのに経済面や雇用面などの問題から安易に移行する事も出来ないという難しい課題となっているのです。
そのような状況の中で、太陽光発電はその普及率が年々高まってきています。
新築の家だけにとどまらず、太陽光パネルを後から搭載する家庭があったり、学校や役場などの自治体の建物にも搭載されるケースも増えています。
初期投資として搭載のための費用はかかってしまいますが、発電して余った電力の全てを必ず買い取ってもらえるため、その後のキャッシュバックがあります。
新築の家などの中には、光熱費ゼロ住宅とうてわれているものまであるのです。
残念ながら、搭載さえすれば期待通りに発電してもらえるというわけにはいかず、搭載した太陽光パネルの容量や、搭載場所の日照時間や障害物の有無等によって発電量は変わってきます。
晴天率が高いエリアや日照時間の長い土地ではその分効率よく発電する事が出来ます。
自分の家で賄うくらいの電力は発電出来ているという状況は、いざという時の備えとしても一つ安心感があるものですし、社会に対して少なからずも貢献できていると感じる事が出来ます。