Archive for the ‘助成制度を活用する’ category

CO2削減に効果を発揮するクリーンな電気エネルギーである太陽光発電は、災害時や停電時には非常電源として機能したり、日常の暮らしの中では、日々の光熱費の大幅な削減をもたらしてくれるなど、大きなメリットをもたらしてくれます。
もっとも、導入にあたっては、太陽光モジュールやコンディショナ等の設備の購入費と設置費用などで、それなりのお金が必要になります。
屋根の面積や、家の大きさ、希望する発電量によっては、数百万円単位の費用がかかることになります。
そのため、導入後には大きなメリットがあることが分かっていても、なかなか、導入に踏み切れないご家庭もあることでしょう。
これをアシストするための制度として、国による補助金制度があります。
国の定めた要件を満たす一定の太陽光発電設備を設置した場合に、補助金がうけとれるものです。
補助金により、少しは費用負担が軽く抑えられます。
しかし、それでも、まとまったお金がないから無理かもという場合、大阪府にお住まいなら、府による住宅用太陽光発電設備設置特別融資制度を利用して、低利の融資を受けてみてはいかがでしょうか。
これは、太陽光発電の普及促進を図るため、大阪府が金融機関と協力して低利の融資を行う制度で、国の補助金の対象となる設備に対して、1設備あたり150万円まで、償還期間10年以内で、原則、金利1%の固定金利で貸し付けが受けられるものです。
そのほかにも、府内の各市町村でも個別に融資制度や補助金の交付制度があり、併用可能なケースも多いので、お住まいの市町村のホームページで確認し、賢く利用してみるといいですね。