町を歩いていると、最近太陽光発電が設置されているお宅を多く見つけることができます。
夏の節電や電気料金の値上げなどが、われわれの電気の使い方対処の仕方を考えてきたからだと思います。
原発事故が起こるまでは、電気は無制限に供給されるものだと思っていました、それも安全に。
しかし電気は無制限ではなく、安全でもなかったのです。
原発事故はそのことをわれわれに教えてくれました。
安全で、安心して使える電気をわれわれは手に入れなければならないのです。
それには太陽光発電は最適ではないでしょうか。
地熱発電や風力発電はそれぞれいいところが多くあるのですが、個人でできるというわけにはいきません。
設備そのものが大規模になってしまうからです。
われわれの自宅に設置するだけで、太陽の光から発電する、といったわれわれのできる発電は太陽光発電だけです。
そしてこれのいいところは、ほとんど故障をしないということです。
太陽光パネルは、その他尾急性は20年間保障されているところが多いと思いますが、実際は30年程度まで持つということです。
太陽光パネルが健在であるならば、太陽の光は無限です。
その無限で無償のエネルギーをわれわれは利用できるのです。
設置するときの屋根の形状や強度をよく確認して設置しなければなりません。
太陽光パネルの能力は、各社それぞれ特徴があると思いますが、間違いがありません。
無限の力を利用できる安心で安全な発電装置を手に入れて、それを利用しようではありませんか。